心療内科の利用

東京においての数及び心療内科とは何かについて

 東京都にある心療内科は23区だけでも600箇所以上あり、東京都全域まで範囲を広げると800箇所近くあることになります。心療内科は大都会においては集中的にあり、特に港区や中央区、新宿区などオフィス街が中心となっている地域に心療内科が集中している傾向があります。  心療内科は、主に心身症と言われる症状を診ます。精神科や神経科と似ている部分もあり誤解を受けがちですが心身症はなんらかの心理的要因によって身体に現れてしまう不調のことです。  ストレスなどの要因による器質的障害といわれるがんや炎症などといった症状及び機能的障害と言われる直接的な障害がないものの、下痢や腹痛、頭痛などのなんらかの症状が出る場合、治療対象となります。

精神科や神経科との違い及び診てもらうときの値段

 精神科や神経科ではうつ病などの心の病気そのものを扱いますが、心療内科の場合においては必ずしも心の病気だけを取り扱っているわけではないということを留意します。ですので、サラリーマンやOLなどがオフィス街で働く場合においてはストレスを受けやすい環境下でもあり、また労働人口が多く集中しているという事情もあり東京のオフィス街が並ぶ地域などで心療内科は非常に多いことになります。  心療内科に通う場合の値段についてですが、これは料金としてはそれほどかかるものではありません。これは東京地域に限ったわけではありませんが、初診の場合は3000円前後かもっと安いという場合があり比較的気軽に利用できます。ただしカウンセリングについては保険が適用される場合と適用外となっている場合があるので注意しておく必要があります。

通院する人が増えてきている理由

東京に心療内科が増えてきている理由として考えられていることは、それだけ需要があるからです。現代社会はストレスが多いと言われていることもあり、仕事のストレスを抱えた人が訪れることが増えてきています。東京で仕事をしているい人が多いという点からも、心療内科が通勤区間にあるというのはとても便利です。 また、東京にはいろいろな人が住んでいます。いろいろな職業の人も居ることから、心療内科の数も多ければ多いほど便利です。会社側から通うように言われることもあるため、東京の心療内科にはたくさんの人が訪れています。実績が高く、評判のいい医師も多いことから、心身共に苦痛を感じている人は東京の心療内科を重点的に探してみるといいかもしれません。